壁の落書きと呼ばれることもあります



東京都内や関東の繁華街などでは街で壁にスプレーで絵が描かれていることを見かけることがあります。 もちろんこの行為は器物損害で犯罪となって逮捕されることです。 誰のものでもない場所などは特にこの狭い国ではほぼ存在しないのです。 ほとんどの場合、悪く言えばこれが芸術やアートと言っても誰かの持ち物に絵を描いたことになります。 これは文字であったりイラストであったりメッセージであることが多いのです。 しかし、日本ではグラフィティライターが自分の名前とイラストを混ぜたものをここでは描くことが一般的です。 元々アメリカではクリプスなどの赤と青のギャングの縄張りを示すものであったりします。 これが意思表示でもありましたが、現在ではこれを取り締まる警察も厳しくなりました。 それでも目を盗んで街中の人が目にするような場所にリスクを背負って夜中にこっそりと書きに行くタイプもいます。 これは戦いの場を高級なファッションやデザイナーとして移して犯罪にならないように自分の作品を残していくタイプと別れています。 もちろん後者で世界的ブランドのデザインを積極的に手がけたりしています。 セレブのビリオネア億万長者になるべくしてなったアートが話題を呼んでいます。 テンガのエリックヘイズのような知名度の高い一世を風靡したようなアーティストもいます。


グラフィティをやるうえで大切な事



日本ではリスクを背負って街で壁にスプレーで落書きをしようというライターは少ないのですぐに目についてしまいます。 沖縄や神奈川の桜木町などでは一部壁が解放されていてそこだけは逮捕されないというような場所があります。 しかし、もともと描かれているものの上に重ねてライティングすることはある種の挑戦というか宣戦布告の挑発行為になってしまうのでなかなかできないというパターンが多いのです。 ましてや誰も足を踏み入れていない場所に描くというのは危険性を伴い、なかなかアッと驚くような作品を見かけることはありません。 Stussyやsupremeなどのファッション性を強く意識したいブランドがお店の壁などにお洒落なデザインとしてライティングしてもらうというケースが日本では一番手の込んだ作品が見れるのではないでしょうか。 ダンスのヒップホップ文化は受け入れられましたが、電車などにアメリカの真似をして、果敢にチャレンジすれば次の日のニュースで犯罪として大きく取り上げられてしまいます。 ヒップホップの文化としての側面はあまり一般社会には評価は西海岸のケンドリックラマーやデトロイトのビッグショーンを普通の主婦が知らないように受けていません。

TOP
クラブとDJ
ブレイクダンス
次世代のスター