クラブが犯罪の温床であるという印象



ニュースではDJやクラブという言葉が出てくるときは大抵悪い話が取り上げられている時です。 大麻や薬物の違法取引が行われたり暴力事件、風営法違反で逮捕などがほとんどなのではないでしょうか。 世界大会でスクラッチDJが優勝したことやヒップホップダンスで認められたことなどはあまり報道されていません。 悪い印象のある事件ばかりが扱われるので、文化としてのヒップホップやDJ、クラブという場所が敬遠されがちになってしまっています。 アメリカはもちろん欧州のイギリスなどでもこの文化はしっかりと一般層にまで認められていますが、後進国の日本ではそうではありません。 むしろ深夜クラブで踊ることは犯罪として扱われてしまっているのが現状です。 これは、むしろ戦後にできた新しい法律ですが、今もなおヒップホップダンスが今では小学校の義務教育として採用されることになってもかなり残っています。 ですから、これは都内の六本木や渋谷などの経営者が摘発されるテレビニュースなどを見かけます。 しかし、このほとんどの場合ただ快楽の為に踊っていただけなのですが、これはあたかも悪い事をしている風にかなりの批判報道されています。 しかしニュースを良く見ると、これが深夜にお酒を飲んだり楽しんで陽気なレゲエやEDMでただ単に一般人がダンスをしただけなのです。

車金融 乗ったまま


DJが職業として認められている海外の国



アメリカやヨーロッパなどではFMラジオのパーソナリティーではなくスクラッチをしないクラブのDJも独立した職業として世間の評価を根本しっかり受けていることが多いです。 ですから大きなパーティーや集客イベントごとには高額な特別な驚くほどのギャラを貰い華麗に毎晩プレイをしています。 またアーティストのバックバンドの軸となる主要メンバーとして参加して、ツアーで世界各地を自家製の飛行機で回ったりしています。 日本ではミックスCDという形で自分とは関係のない人の歴代ヒット曲を繋ぎ売り出すやり方が儲かるビジネスとしては最も主流でした。 コンテンツの著作権も宣伝用と表記することで多くの枚数が売れるわけではなければ、暗黙の了解のように扱われていました。 近年ではしっかりと所轄の役所に許可を取って売る正規版が主流となっています。 売れている長編シリーズものですと、そのDJに褒められて取り上げられることで人気があるという意味のある判断をされるようになります。 プロモーション効果が高いのでほとんどの場合使用許可を出すようです。 今新たな違法ダウンロードに対する取り締まりの厳しい法律ができました。 結果的には、このヒップホップやクラブDJという文化ではそれが当たり前となってしまっているのです。 ここで規制をしても効果があるとは考えられないのが現状です。

TOP
グラフィティアート
ブレイクダンス
次世代のスター